忍者ブログ
カレンダー
注)記事内広告はサーバーの広告です

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

スケジュール一覧
-------- 最新ライブ情報 --------
↓ ライブスケジュールはこちら ↓

coming soon !!!
LIVE SCHEDULE
プロフィール
HN:
schazzie
HP:
性別:
女性
職業:
Vocalist
自己紹介:

アメリカ南部の音楽をやっている“SOUTHBAND”のボーカリストです。別ユニット“schazzie club”で、ジャズ&ポップスのライブもやっています。よろしく♪

携帯用HOMEPAGE
MAILはこちら

Copyright (c) 2007-2012 Schazzie All Rights Reserved.

アーカイブ
ブログ内検索
最新トラックバック
カウンター
バーコード
アクセス解析
フリーエリア
Southern American Music Band SOUTHBAND's Blog
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日の雨は、いやというほどよく降りましたね。おかげさまで厳しい乾燥も和らいで、肌も髪もしっとり。喉も楽です。明け方まで強い雨が降っていましたが、今日の午後からは晴れ間も見えて来ました。

しかし、昨夜から北風の又三郎が暴れていて寒そうですね。でも、風がビルの間を走り抜けるゴォーッ!という音、私は特別な感覚を持って聴いています。もっとも、家の中で聴いているという前提の話ですが…。

風が吹き抜けるゴォーッという音(賢治風に言えば、どっどど、どどぅど…)は、宮沢賢治の作り出した又三郎というキャラが本当に身近にいるような気がするし、あるいは家の外が単なるビル街ではなく、ジョージ・マクドナルドの『北風のうしろの国』であるかのような錯覚を感じさせてくれます。自分が、その主人公のダイアモンドになった気分。

結局ダイアモンドは、北風に連れ去られてしまう(=死)わけですが、マクドナルドも賢治も、その物語の中に《死》を感じます。私にとって《死》はいまだ恐怖であり、北風は僅かながらも、その恐怖を感じさせるものです。だから何かただならぬ気配を感じながら聴いているのです。

いつか自分も《北風のうしろの国》に行かなければならないのなら、又三郎か北風に連れて行って欲しいものだと思います。
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright © SOUTHBOUND。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]